スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ、移転しました。

箕面こどもの森学園のブログは、下記に移転しました。
http://kodomono-mori.com/blog/
スポンサーサイト

哲学~わたしのしょうらい

1学期のテーマ、「わたしの将来」もいよいよ最後に近づいてきました。
低学年のクラスでは、今日、これまでお話を聴いた方たちが
どんなことを大切に思って生きて来られたか、ふりかえりをしました。
DSC08398.jpg

また、おうちの人のインタビューで、子どもたちに伝えたいことについても
もう一度読んで、思い出しました。

これまでのことを振り返ったあと、みんなで哲学をしました。
テーマは「わたしのしょうらい」。

「これまでのお話を聴いて、感じたことはなんですか?」
・警察がかっこいい。警察官になりたい。事件を減らしたい。
・パトカーがかっこいい。運転してみたい。
・事故処理車とか護送車がかっこいいから、警察官になりたい。
・警察を見に行ってから、警察官になりたいなあと思うようになった。
・電車の運転手になりたい。通勤の人とかを乗せて役に立つし、電車が好きだから。
・谷上さんの絵が本物みたいでいいなあと思った。

「こんなふうに生きてみたい」
・やっぱり警察官になりたい。前に迷子になったとき、警察の人に助けられたから。
・画家もいいな。自分が死んでも絵が残るから。
・犬が好きだから、獣医さんになりたい。病気にかかっている犬を助けてあげたい。
・警察になって、どろぼうをつかまえて、世界を平和にしたい。
・悪い人も、いい人になるようにしたらいいんじゃないか。
DSC08397.jpg
DSC08399.jpg

低学年の子どもたちなりに、こんなふうに生きていきたいと思うイメージが膨らんでいったと感じました。
いろんな方のお話を聴き、実際の仕事の様子を見せて頂いた経験が、
これから先、子どもたちになにかしらの影響を与え、自分の人生を考える助けになればと願っています。
(A.M)




6月のしぜん

月に一度の勝尾寺園地での活動日。
梅雨の晴れ間、感謝です。
早速、園地の入り口でマイマイカブリがミミズを食べているの発見!
リュックを置くと、トカゲ探しの男子3人。
他の子も加わりたそうですが。
自分たちだけの世界を楽しんでいるのも微笑ましい。
三々五々でこの場所を満喫しています。
P1040506.jpg
P1040512.jpg P1040514.jpg P1040516.jpg

川に出かけた女の子たちは、カエル(ニホンアカガエル) を捕まえて連れて帰ってきましたが・・・
しばらく目を離したうちに、死んでいました。
その命のはかなさを感じ「連れてこなかったら死なへんかったんかな?」と、
元いたところに還すことにしました。
おとなとしても、こどもたちの行動(カエルを連れてきたこと)を認めたことは安易だったのだろうかと思いました。
カエルさんごめんなさい、ありがとう。
その後も川に出かけるグループあり。
小さな川を歩くんですが、石がゴロゴロしている中、1年生の男の子が6年生のお兄ちゃんについて行きます。
小さな淵に石を投げてみんな大はしゃぎ。
P1040523.jpg
P1040520.jpg

「時間だよ。」で、集合場所へ。
今日は鬼ごっこも、自然の中の発見も、小さなグループでの遊びも色々楽しんだ一日でした。(K、K)







6がつの研究発表会

6月の研究発表会の様子です。

司会は6年生の男の子。
P1040543.jpg
『NICE司会!』という感想もあって、とってもスムーズに進行してくれました。

最初の発表は1年生の男の子。
P1040545.jpg

メッセージボードを作りました。
木で作られていて、描かれている電車の絵が彼らしかったです。

ホールにいるみんなに聞こえる大きな声で発表して、堂々としていましたね。

次は4年生の女の子。
P1040552.jpg

本棚を作りました。
これが2回目だそうです。
前に作ったものは、『おうちのトイレに置けない!』というハプニングがあったそうで…

この本棚が出来上がっての感想は?という質問には、「あ~出来た~!という気持ちと、今度は入るかなあ?と思った~。」と答えてくれました。
今回は、サイズも合って、ばっちり置けたそうです。


最後は6年生と4年生の女の子のマジックです。
P1040559.jpg

BGMもあって、盛り上がりましたね!

マジックのお手伝いをしたくて、みんな一斉に挙手をする様子もとっても印象的でした。

いくつか披露してくれましたが、彼女たち自身で考えたものもあれば、スタッフに教えてもらったもの、自分たちで調べたものなどがありました。
直前まで練習も頑張っていたようでした。

大人も子どもも大盛り上がりのステージになりました。
(M.F)

画家の谷上裕二さんからお話をお聞きしました!

たくさんの方からお話をお聞きしてきたテーマ、「わたしの将来」。
最後は画家の谷上裕二さんでした。
P1040461.jpg

谷上さんは鳥や虫など自然の絵を描いたり、生き物の美しい写真を撮ったりされています。
つい最近も全国の百貨店で油絵の個展をされていました。

2枚の絵を持って来てくださっていました。とってもきれい!!
P1040457.jpg


自己紹介を詳しくして頂いた後は質問コーナー。

画家の生活って?

さいしょの質問は、「この絵はいくらですか?」でした。
こども達の質問は率直です!!

興味津々なみんな。40分間質問はとぎれません。
P1040472.jpg

「なんで画家になったんですか?」
サラリーマンをしてたんだけど、ある日すごい絵をみたんだよ。
カナダの人の絵で、大きくて、いきものが描かれていた。
大きなワシが飛び出してくるみたいだった。
自分にも描けるかなと思って描いてみたのがはじまりだった。

「この絵はどんなところを工夫しましたか?」
しぶいこと聞くね!これはね、山の手入れをするために切った木に描いているので、(木が見えるように)背景を描かなかったんだ。
こっちの絵みたいに背景があると、はみ出しても失敗しても背景の色を上から塗れるんだけど、
背景がないとはみだせないから、すご~く気をつけて描いたよ。
P1040489.jpg

「やっていて嬉しいときはどんなときですか?」
「大変な時はどんな時ですか?」
「これからどうしていきたいですか?」
「どうやったら絵がうまくなりますか?」

その一つひとつにとても正直に、ていねいに答えてくださいました。
P1040475.jpg

おひとりおひとりの生き方に触れ、興味を持ちながら深く話を聴いていたみんな。
テーマ「わたしの将来」は本当にたくさんの方の協力を得ながら、スタッフも一緒に学ぶことができました。

みんな、何を感じているのでしょう。
低学年の子たちはメッセージに、高学年の子たちはこれから「生き方図鑑」にまとめていきます。(Y.N)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。